5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

むかしむかし

1 :無名武将@お腹せっぷく:2007/11/24(土) 01:05:13
あるところに

760 :氷雪 ◆jKdJ051mHQ :2008/04/23(水) 00:36:18
三戦英雄傅
第二十七回〜新たな司空が誕生し、後漢最大の醜聞・裸照事件起こる〜

 終わるところを知らぬは語り手の創作意欲と、人間の性欲。
皆様は、覚えているでしょうか。そもそも、なぜ、後漢の政治が荒廃を
極めるようになったのかを。

 そう、それもこれも、あの美しい皇后・小銀玉の美貌と性欲が元凶なので
ございます。
 後世の歴史家などに言わせると中国三大美女としては、西施、小銀玉、楊貴妃が。
そして、中国三大悪女としては妲妃、呂后、小銀玉が上げられます。
美貌と悪は、同居できるものなのか。小銀玉皇后の存在は、西洋の哲学者たちの
注目をも浴びております。

 しかし、小銀玉皇后は本当に悪なのでしょうか。いったい、人は何を以って物事を
悪と見なすのでしょうか。これは、現代にも言えることで、人は何を以って糞スレと見なす
のかというのと同じ永遠の議論でございましょう。

 後の世に『晋史』を編纂した果物キラーと無双ファンの親子は、小銀玉皇后について
それぞれ次のように述べています。


761 :氷雪 ◆jKdJ051mHQ :2008/04/23(水) 00:36:40
 人間だよ、一番かわいそうな生物は。
「生病老死」
という言葉通り、生きること、病を患うこと、老いること、そして死ぬこと。苦しみは途絶えることはない。
人間以外に、老いや病、死という概念を持つ生物はいない。
知能が高く、感情が発達したことの弊害。自殺したり、戦争したり、そんな悲しい生物は人間だけだな。
 その点、小銀玉皇后は幸せな生物だったかもしれない。彼女は純粋に、性欲の向くままに
大尉・小魔玉と後漢を弄び、純粋に生を楽しんだ。感情が発達していないとは、純粋とは、なんと
美しく残酷なのだろう。
 性欲を律することのできなかった小銀玉は、人間ですら無かった。
正に欲望を純粋培養したような女だった。(中略)しかし、アレはイイ女だった。一発、お願いしたかった。
〜正史『晋史』小銀玉傅(果物キラー注釈)より〜


 彼女は、誰よりも自治を好んだが、肝心な己を律することを知らなかった。
残念なことである。
〜正史『晋史』小銀玉傅(無双ファン注釈)より〜

 栄安二年七月。
策士・ムコーニンが息絶えた夜。一人の男が小魔玉邸にて琴を弾いておりました。
 男の目は切れ長で、眉は長く、美しい額の形をしております。
男の名は、宇喜多直家信者。「蔡ヨウの後に優れた学者は出ないだろう」と言われた、
あの蔡ヨウの一番弟子でありました。
 もともと、口数の少ない寡黙な男でありましたが、ここ数年宇喜多直家信者の言葉数は
益々少なくなっていました。

762 :氷雪 ◆jKdJ051mHQ :2008/04/23(水) 00:37:02
宇喜多直家信者:(あの方も、今宵同じ月を見ているのだろうか……)

 琴より上げられた双眸は物悲しげで、琴の音色は陰鬱に月夜に響きました。
宇喜多直家信者の言う「あのお方」、そう、悲劇の才女・蔡文姫のことでございます。
蔡文姫は、不幸にして匈奴王の妻として囚われの身となっておりました。
 宇喜多直家信者と蔡文姫との出会いは、宇喜多直家信者が少年だった頃に遡ります。
蔡文姫は宇喜多直家信者より二つ年上の少女で、宇喜多直家信者がこれまでに出会った
どの女性よりも賢く、魅力的でありました。

 面倒身がよく心優しい蔡文姫は、まるで弟のように宇喜多直家信者を可愛がり、
宇喜多直家信者も蔡文姫を姉のように慕っておりました。
 気が付くと少年・宇喜多直家信者は蔡文姫を違う感情で慕うようになっておりました。

「告げることもできず心に秘めていた思慕の念も、蛮族により踏みにじられた。
あのお方を幸せにできる男なら、素直に祝福しよう。だが、蛮族の地で、書物も字も無い地で
あの方が幸せなはずは無い。私は、鬼に魂を喰われてもあの方を救い出そう」
 蔡文姫救出の為に、宇喜多直家信者が選び出した駒こそが、大尉・小魔玉でありました。

 当初は小魔玉子息の家庭教師になることを拒んだ宇喜多直家信者でしたが、
「蔡文姫救出と匈奴討伐」を条件に承諾したのでございます。


763 :氷雪 ◆jKdJ051mHQ :2008/04/23(水) 00:38:08
宇喜多直家信者:(さて、空いたムコーニンの椅子だが、私と中山幸盛、小魔玉はどちらを
選ぶであろうか。中山幸盛、あやつにも私と同じ物を感じる。ムコーニンのように己の欲望の
為ではない、何か守る物のある男だけが持つ強さを。あやつも独り身だと言う。すると、
何か女性に関係したものだろうか……いや、考えるのはよそう。あやつの腹のうちは
あやつにしかわかるまい)

 宇喜多直家信者は、ふと浮かんだ己の考えを自嘲するように琴の弦を鳴らしました。
月は真っ白に、冴え冴えとしておりました。
 同じ月下では、怒りに任せムコーニンを処罰した小魔玉が我に返り、
己の宮中での立場を危ぶみ、早速小銀玉皇后のご機嫌を取っておりました。

小魔玉:「小銀玉ちゃん、オイラ、ムコーニンがいなくなってピンチなんだよね。
って、ここがイイの? 気持ちいいのはココ?( ^∀^)ゲラゲラ」
小銀玉:「ん…オウっ!」
 小銀玉皇后は、愛する小魔玉の攻めに陥落し、いつもの台詞を口にしておりました。
小銀玉:「もう、小魔玉さんたら、しょうがないな。漏れが何でもしてあげよう」 

 ムコーニン処刑翌日、宮中では新たな人事が交付されました。
もちろん、この人事も小魔玉の一夜をかけて体で奉仕した賜物でありました。


 これまで、後漢の三公は大尉・小魔玉(俸禄:万石)、司徒承相・王允(俸禄:万石)、
司空・ムコーニン(俸禄:万石)となっておりました。
 この三公は後漢に於ける臣下に許された最高位でございます。


764 :氷雪 ◆jKdJ051mHQ :2008/04/23(水) 00:38:38
文官1:「これより新しい司空の任命を行う。名前を呼ばれた者は前へ」
宇喜多直家信者:(ここで中山幸盛の名が挙げられても、私は中山幸盛と共存しよう。
あの方を取り戻すまでは)
中山幸盛:(ムコーニンがいなくなった今、司空の地位は宇喜多直家信者か私の
物になろう。さて、どちらか)

鍾ヨウ:(知恵者ムコーニンの後釜。力の足りぬ者には務まることはないだろう。
私が小魔玉なら邪魔で無能な奴をわざと任命するが、小魔玉にとってムコーニンを失った
損害は大きい。己の手下より選出するのが定石か)

陳羣:(中山幸盛……懐かしい我が幼馴染よ。お前にも、この宮中の床を踏むときが来たとはな)

 人々は様々な思いを胸に、文官の薄い唇に注目しました。唇の上に形ばかり生えた髭が
動きを見せました。

文官1:「ムコーニンの後任は、中山幸盛に命ずることとする。陛下の勅命である。
中山幸盛よ、謹んで受けられよ」

宇喜多直家信者:(中山幸盛か)
中山幸盛:「ありがたき幸せにございます」
文官1:「これより別室にて中山司空の就任祝賀会を開催するので、各々参加するように」

中山幸盛:(とうとう、とうとう、私は三公になったぞ。陳長文、私が三公になったのだぞ)
 中山幸盛は心の中で、旧友・陳羣に呼びかけました。
呼びかけが通じたのでしょうか。中山幸盛より二尺ほど前を歩いていた陳羣がくるりと
振り向きました。

765 :氷雪 ◆jKdJ051mHQ :2008/04/23(水) 00:39:13
陳羣:「君が司空とは。同郷の者として嬉しいよ。おめでとう」
 差し出された陳羣の指は、柳の枝のように細くしなやかで、透き通るように白い
指でございました。

中山幸盛:(これが、汗水垂らして働いたことのない、良家の坊ちゃんの指なのだ)
 中山幸盛は懐かしい旧友の指を眩しく眺めました。

中山幸盛:「お主は、昔、私に言ったことを覚えているか?」
陳羣:「はて、何のことやら」
中山幸盛:「世の中には、貢ぐ者と貢がれる者、崇拝される者、する者、
裁く者、裁かれる者がいる、と」
陳羣:「私が?」
 陳羣は大袈裟に驚いた様子を見せ、かぶりを振りました。
陳羣:「まさか。ただ、もし口にしたとしても子供の戯言でしょう。
ご容赦を」
中山幸盛:「いいや、確かに言った。私の方が残念ながら、一足先に法曹界の重鎮になったがな」
陳羣:「ひとつ穏便に頼みますよ」
 陳羣は中山幸盛の言葉に愛想良く笑いながら応えました。
中山幸盛:「それでは失礼する」
 会場へと向かう中山幸盛の後ろ姿を陳羣は、舌打ちしながら眺めておりました。

陳羣:「なんだって、ああいうのは覚えなくてもいいことを覚えているもんかねえ。
幼い頃私が『法曹界の重鎮になりたい』と言ったら
「アナウンサーになるなら、絶対フジがいいよ」などと言っていた
あの中山が司空ねぇ……あの、庶民の下民がねえ」

 どうやら、中山幸盛と陳羣は互いに含むところがあるようです。

陳羣:「まあ、いい。せいぜい、短い春を楽しむがいい。我が陳家は後漢を代表する
名士の家。お祖父様のまあcと小魔玉失脚の相談でもしてウサ晴らしをするか。
小魔玉の命綱は小銀玉皇后。小銀玉皇后さえ失脚すれば後は芋づる式よ」


766 :氷雪 ◆jKdJ051mHQ :2008/04/23(水) 00:39:43
 中山幸盛が司空となってから、二月後の栄安二年九月中旬。
数枚の絵画が後漢の下々から宮中までを揺るがせました。
後に言う「小銀玉皇后裸照事件」でございます。

民1:「な、なんじゃこれは!」
民2:「保存しました」
民3:「これは、小銀玉皇后と大尉の小魔玉?」

 なんと小銀玉と小魔玉の房中での写生画が市井にまで流出したのでございます。
その数、総計三百を超えました。

民1:「小銀玉皇后だけではないぞ。王貴人ことアダルト日出夫との絡みもあるぞ」
民2:「いや、それだけではない。いったい大尉は何人の女と枕を並べたんだ?」
民3:「絶倫にも程がある」

 人々は狂ったように件の春画を奪い合い、自家発電に励みました。
洛陽の町は、昼日中にも関わらず通りには人一人も通らず、四日後には
薬局に増血剤を求める客が殺到しました。

 人々は抜きすぎにより極度の貧血となりました。

霊帝:「ほほお。よく出来た春画よのお。皇后も、このようなことをして朕に
焼きもちを焼かせようとは可愛い奴よ」
張譲:「陛下、これはいつものプレイではありませぬぞ。ご覧下され、
民は自家発電に励み働くことをせず、あまつさえ貧血で倒れる者で溢れかえっております」
霊帝:「うむうう」
趙忠:「不貞の上、民をも惑わす小銀玉皇后には、相応のご処分が必要かと」
 趙忠に便乗するように他の十常侍たちは霊帝に、小銀玉の讒言をしました。

 実は、今回の事件には黄巾族の首領、聖天使ザビエルが関係しているのですが、
それは、また次回のお楽しみ。

767 :氷雪 ◆jKdJ051mHQ :2008/04/23(水) 00:46:25
>>757
面白くなればいいのですが。
ご感想ありがとうございます。
>>758
伏字なのに、なぜおわかりに……そうです。桐野先生です。
あのブログはかなりお勧めです。
桐野先生は、作家の中でもかなり歴史観も確立したものを
お持ちですし、ブログも面白いです。
>>759
ご感想有難うございます。
今回は、また違う感じになりました。
期待を裏切っていなければ、良いのですが。

 明日から、五月中旬まで少し勉強に集中したいので
一旦連載はお休みしたいと思います。
(もし、このスレが落ちても相撲トナメスレにも感想を残して
いただければ、コメント返ししたいと思います)

 それでは、皆様、良い連休をお過ごし下さい。

413 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)