5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

むかしむかし

535 :無名武将@お腹せっぷく:2008/02/15(金) 22:41:11
 一方その頃、奇矯屋onぷらっとの探し人の荀攸は陳羣の祖父・まあcの屋敷で開かれた酒宴に参加しておりました。
陳羣:「漢朝を玩具にする小魔玉の行為、許せません」
 まだ若い陳羣は酒の勢いに任せ、杯を叩き割って憤慨しておりました。
まあc:「ふぉふぉふぉ・・・・長文や。漢朝に徳があるように、小魔玉殿にも支える天の命運があるのじゃろう」
陳羣:「お爺様は、あの逆臣の好きにさせておいて良いのですか!現に小魔玉に手篭めにされた宮女、臣下の奥方は
両手に余る始末。被害に遭われた奥方のほとんどはご自害なされたと」
張温:「某の妻もですじゃ」
 張温の妻は美しいことで有名で、後宮の美女にも勝るという噂でした。噂を聞きつけた小魔玉は早速、張温の屋敷を
訪問し、張温の不在なのを良いことに己のリビドーの処理をしたのでした。
張温:「大尉の( ^∀^)ゲラゲラというあの声を聞くだけで某は、某は・・・・・! 」
王允:「張温殿・・・・なんとお慰めしてよいか」
 張温には幼い息子だけが残され、妻は穢された身を羞じ、自害しました。
荀攸:「ははははは」
 静まり返った満座に響く一人の男の笑い声。荀攸でございます。
陳羣:「荀攸殿、何がおかしいのです?返答次第ではお命の保証はしかねますぞ」
 陳羣は華奢な上腕二頭筋を意識して力を入れながら、荀攸に食って掛かります。
荀攸:「これが笑わないでおられようか。国家の重鎮たる成人した大人が辛気臭い顔をして
額の皺を合わせながら酒の力で愚痴るだけ。婦女子のような有様ではありませんか」
まあc:「荀攸殿、そこまで言うのなら貴殿、何か考えがあるのじゃろうて」
荀攸:「もちろん。聞けば王允殿のお屋敷には西域より手に入れた一度に2,000CCの
血液を採血できる機械があるとか」
王允:「『七宝吸血鬼』なる機械のことか?」
荀攸:「その七宝吸血鬼なる七つの宝石で彩られた機械にて、この荀攸、鷲巣麻雀にて
逆賊・小魔玉の命を取る所存。お貸しいただきたい」


413 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)