5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【肛門様】あすま理彩*汚パンツ5日目【自画自賛】

1 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2007/03/11(日) 12:19:27 ID:7wBX2tCJ
専スレが出来てからなぜか愉快なはっちゃけ日記がトーンダウン。
宣伝ばかりのぎくしゃく日記では感謝感謝と連呼しているものの、掲示板では
黙って新刊買え!出版社に続編リクエストしろ!的な冷たいお返事ばかり。
リブ新刊の英国ものは突っ込みどころ満載でスレ住民を大いに楽しませてくれたが
密林の酷評レビューがなぜか消されたりするミステリー。

妬み嫉みもどこふく風、入浴・洗顔の暇もない程執筆に追われる
BL界の寵児あすま理彩(あすま・りさい)先生を語るスレです。

次スレは>>980を踏んだ人がよろしく

49 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2007/03/11(日) 21:20:45 ID:JpCsAEWN
「か/り/そ/め/恋/人」投下です

折り返し部分
誕生日 血液型 所在地
白衣、眼鏡、キチクな攻めが大好きです!
アダルトな二人の織り成す、切ないドラマティックラブロマンスの行方をどうぞお楽しみください。
PC URL
携帯 URL

50 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2007/03/11(日) 21:21:28 ID:JpCsAEWN
 皆様こんにちは、あすま罹災です。皆様にこうして、「か/り/そ/め/の/恋/人」をお届けすることが出来て、とても嬉しく思っています。
 今回のテーマは「ライバル」です。白衣、医師、仕事の出来る男同士の恋愛を、アダルトに艶やかに、息を呑むように印象的な場面の数々を散りばめながら、お送りいたします。
 こちらは「囚われ恋人」に出てまいりました顕上芳隆さん(攻め)が主人公になっております。
 もちろん、当作品だけで楽しめる内容になっておりますので、ご安心ください。また、私にとって、この作品は本当にぜひ読んでいただきたいと声高に叫びたいほど、情熱を傾けた作品です。
 前作を読まれた方は、あの最強無敵な芳隆さんにライバル?と驚かれるかもしれません。
 一体誰が芳隆さんの恋人になるのか、また手痛い失恋をした彼が、次にどんな恋愛をするのか、色々物議を醸したようですが、このように落ち着きました。
 皆様にとって、彼の恋人は意外でしたか?
 お話の内容も、意外だったかもしれません。
 私はこのように皆様を驚かせるのが好きです。
 実は、前作を書き上げた時点では、続編が出るとは思いませんでした。
 それが、皆様からの芳隆さんを幸せにして欲しい、という応援があまりにも多かったため、担当さんの心を動かし、こうして芳隆さん主役のお話をお届けすることになりました。
 私も彼には深い思い入れがありましたので、主役になるに当たって、思い切り、えこひいきをいたしました。ですので、彼は作品中、とてもいい思いをしている筈です。
 恋人になる人も、最高の美人を選びました。
 行都という昔の愛人と、今の恋人へ向ける彼の愛の差、それは、シリーズ前作「囚われの恋人」で芳隆さん自身が呟いた、ある言葉が表しているかもしれません。
 その仕掛けにつきましては…皆様自身で探り、読み解いていただきたいと思います。

51 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2007/03/11(日) 21:24:00 ID:JpCsAEWN
 手に入れた恋人という存在を、芳隆さん(どうしても呼び捨てにできません。彼が自分を呼び捨てることを許しているのは、一人だけですから)が、どう甘やかすかは、見てみたい気もします。甘々な芳隆さんなんて想像つきかねますが。
 私にとって大切なこの作品を、皆様に楽しんでいただけますように。
 そして悪役だった芳隆さんですが、彼のことも、そして彼の愛人…ではなく、真の恋人である沙也さん(受け)のことも、好きになっていただけますように。
 私は沙也さんが愛しくてたまりません。
 なお、「囚われの恋人」は、ドラマCD化されております。
 この作品を読んで、芳隆さんの声をお聞きになりたいと思われた方は、どうぞそちらもお手にとっていただけますように。
 彼の濡れた声に、全身が痺れたようになります。身体中が熱く火照り、眠れなくなるぼど官能的な彼の声に責め抜かれて、沙也さんの気分を味わっていただきたいと思います。
 いつか沙也さんの声も聞いてみたいな…なんて夢のまた夢ですけれど。芳隆さんも、恋人にはどんな甘い声を出すのか、興味深かったりもします。
 素敵な芳隆さんを描いてくださいました○○○○先生、ありがとうございました。大好きな彼にこうして再び会えて、とても嬉しく思っています。
 近況といたしましては、今年の目標として、屋久杉を見に行くことを掲げております。
 数年前から言い続けているくせに、今年も富士登山ができなかった私が、目標を達成できるかは怪しいところですが。
 当作品が発売される頃、松山道後温泉に再挑戦している筈です。前回せっかく訪れたものの、入場時間に間に合わず、寂しい思いをいたしました。
 その際、担当さんからいただいた、「首の後ろにも日焼け止めを塗っておいた方がいいですよ」というアドバイスは、今年の夏中、ずっと守り続けておりました。
 なのに、腕に塗るのを忘れ、妙にまだらな身体になっております(泣)。
 皆様も、お出かけになる際は、全身に日焼け止めを塗るのをお忘れなく。特に首の後ろですよ(笑)。初秋から冬にかけて、早く戻りますように。

149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)